運転手になること

トラックの運転手は労働の内容などから数の減少や高齢化などの問題が出てきていますが、最近ではこういった問題を解消するために給与形態内容の変更や待遇を増やすなどの対策をしています。実際にこのことで求人に応募をする人が少しずつ増えてきていると声が上がっています。しかしトラックの運転手の仕事の内容をまだ荷物を運ぶだけのものと思っている人は多く、未だに誤解のある部分があります。

まずトラックの運転手になるためには普通自動車免許以外にも中型や大型、場合によっては牽引自動車免許が必要になることがあります。免許は事前に取得をしておく必要がありますが、人手不足や高齢化の問題を解決するために会社によっては必要な免許を取得させてくれるところもあります。免許を取得することが出来たらトラックの運転をすることが出来るのですが、トラックは普通自動車とは使い勝手が大きく異なるので車両感覚や右左折の際のハンドルの切り始めなどには注意が必要です。特に右左折の際のハンドルの切り初めの場合ですが、トラックは前輪の上に運転席があるためハンドルの切り始めのタイミングが遅くなってしまいます。このことでホイールベースが長くなるだけでなく内輪差と外輪差も大きくなってしまうので巻き込み事故を起こさないように注意をしなくてはいけません。狭い道の場合には巻き込み事故だけでなく曲がりたい方とは反対の壁に車体後部をぶつけてしまうということもありますので、運転は慎重に行なうことです。